×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

槙寄山
今日はなかなか行き先が決まらず 決まらないまま気が向いた方に向かったのが笹尾根方面でした。
それで当初別な所から登る予定でしたが いろいろあり 仲の平からリスタートでした。
コース:「仲の平BS」0856→「槙寄山」1020-1034→「数馬峠」1113→「笹ケタワの峰」1122→「小棡峠」1216→「笛吹入口BS」1306

いろいろ有りリスタートを切った後にもまたちょっといろいろあり寄り道などして登って行った。周囲はやはりガスで真っ白 こんな条件で冒険をしたのが間違いだったかな??

槙寄山にとりあえず登ってみて すると何をモタモタしていたのか バスで一緒だった人が一人まだ居た。
ちょっとゆっくりして 適当にバスの時間に合わせて下ることにして先に進む。
                        
 尾根通しにはガスで真っ白だけど 霧氷??樹氷??がとても綺麗でそんなのを眺めながら歩いて行った。その途中なんとも幻想的な風景を見せてもらえたけど 写真にするとなんということも無いつまらないものになった。いつものお気に入りの場所は気が付かず素通りしそうになった。条件によりそう思え無い時もあるんだななんて思ったりもした。
       
そろそろ下山を何処からするか考えたけど 笛吹峠と丸山から笛吹への下りは伐採作業中で通行止め 小棡峠から下るしかなく そこに向かった。こちらの道は一度しか歩いたことが無く一部分かりにくい場所が有ったように記憶していたが 一番分かりにくい場所に指導標も立てられていた。尾根に出てしまえば何とかなるかと思ったけど伐採地に出ると道が一部分かりにくい場所もあった。