×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


川苔山と滝巡り
またまた 寒い日が続き今シーズン最高の氷瀑が見れるんじゃないかと思い 川乗谷から川苔山を目指すことにして出かけてきました。下山もマイナーな滝を見て帰ろうと思い入川谷の兆子の滝(不動滝)を見てきました。
 
「川乗橋BS」0740→「細倉橋」0817→「百尋の滝」0920-0936→「川苔山」1107-1128→「不動滝」1244-1305→「大根山ノ神」1400→「鳩ノ巣駅」1223


ここ数日の寒さで氷の具合を楽しみに出かけてきた。この寒さで百尋の滝を見に来る人が多いかと思ったけど私の乗ったバスでは人が少なく 下車したのは私だけでした。一人百尋の滝へ向かって氷を見ながら歩いていると後から二人が追いついてきてさっさと追い越していった。
      
途中途中では氷の造形が楽しくこんなのを見ながら歩いていると楽しい。

しかし余り時間をかけてしまうと百尋の滝の氷瀑が崩れてしまうんじゃないかと思い余りゆっくりも出来ずそこそこで切り上げて滝に着くと 100パーセントではないものの これはこれで良いじゃないですか。滝壺も凍り付いているので滝に近づいて見ていると物凄い音を立てて崩れてきて ビックリ そして離れて見ていると今度は更に激しく崩れ上のほうは完全に崩れてしまった。

滝の周囲には飛び散った水の飛まつが凍りついたのかこんな造形も見られた。
そして先もあるのでそこそこで切り上げて 登って行きもちろん横ケ谷の無名滝にも立ち寄って見ると こちらも凄いことになっている。

足毛岩の肩からウスバ尾根に乗り山頂に向かう。こちらの道は遠回りだけど雰囲気は素晴らしいと思う。山頂に着くと意外と人が少なく一人男性が居るだけでした。

下山は入川谷の滝も見たいしでこちら 不動滝(兆子の滝)にも立ち寄り 外道の滝にも行こうかと思ったけど疲れたし登り返すのが面倒だったのでそのまま峰の集落に向かったが 初めて行った時よりビックリするくらいすっきりして建物が殆ど残ってないのには驚いた。

古い道で大根山の神に向かうと道は林道の造成で途切れ巻き道が作られていた。この林道はいったい何処まで伸ばすんでしょうね・・・