×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


矢沢林道から笹尾根
しばらく生藤山付近に行ってなかったので シモバシラも気になっていた矢沢林道から登って見ました。
※現在伐採作業をしているので通行は作業をしてない時の方が良いと思います。
 
「0821南郷BS」→「茅丸」1041-「生藤山」1054-1118→「三国山」1122→(巻き道)→「連行峰」1143→「柏木野BS」1255


一昨年初めて歩いてシモバシラの花が沢山有ったのを思い出して シモバシラを見にこのコースを選択してみたんですけど 林道は工事中の標識があり ただ休工中とあったので入ってみました。
正直随分荒れたなというのが第一印象でした。で林道途中の伐採現場を見れば頷けますよね。
そして林道終点から沢沿いの道を辿りますが この時期でもそこそこヤブっぽい場所も有り やっぱり歩きにくいです。この道を歩いていたらテープが木に巻きつけてあって それに釣られて変な所から取り付いてしまいましたがどうにかこうにか正規の道に出て 後は辿っていくだけ。今回は前回トラバースする道に入ったので茅丸に直登してみました。
      
茅丸の山頂に着けば見晴らしは良いけど 山頂からは富士山が松の木に隠されて見えず少し下った所から良く見えました。下って久しぶりに生藤山に登りましたが 展望が無いけど誰も居なくて静かだったのでこちらでランチにしたけど 直ぐに男女のカップルが登って来て 女性が賑やかなこと。ランチを済ませて三国山に行くとこちらは良い眺め。大体いつもこちらは賑わって居るけど誰も居ませんでした。

三国山で少し山座同定をして そして連行峰のほうへ向かって行きました。その途中の雑木の森は雰囲気が良くて結構好きな場所なんです。

連行峰に着くとこちらはいつものように団体さんで賑わっていました。今日は13時台のバスに乗りたかったのでそのまま通過して万六尾根に入り一気に下りましたが 途中シモバシラが結構目に付いたけど写真を撮っている時間がなかったのがちょっと残念でした。

こちらのシモバシラは林道から尾根に出るまでの間に見かけたもの 時期的にやっぱり遅かったのか形の良いものはありませんでした。